養護教諭の看護師の給料について

養護教諭の看護師給料相場

養護教諭とはいわゆる「保健室のせんせい」のことを指しています。大学で養護教諭養成課程を修了し養護教諭一種免状を取得していれば、養護教諭採用試験を受験することができます。高卒で看護師資格を有する方でも、保健師の資格を取得したのち、養護教諭を養成する学校へ入校し、カリキュラムを修了することで一種免状を取得することができます。ただし、養護教諭一種免状を取得するために開かれた指定養成機関が全国でも数少なく、ハードルが高く感じられる場合もあります。二種免状を取得できる高等教育専門学校もありますが、二種免状では、自治体によって養護教諭採用試験の受験資格が得られない場合があります。正し、保健師資格を有するだけでも、仕事の幅が広がっていきますので、これだけでもチャンスが増えたと捉えて差し支えありません。

養護教諭採用試験は、地方自治体・地方公共団体が行います。年に一度の採用試験を受験することになり、教員採用試験よりも狭き門となることが多いようです。私立学校などでも求人を行うことがあります。給与の相場としては、自治体の職員(公務員)として働く教員と同じ給与額です。年齢給や資格職手当が付く場合がありますが、平均月収は約30〜40万円前後であるととらえましょう。私学などで働く養護教諭の場合、公務員の月収よりも高収入である予想ができます。保健室で働く養護教諭は、生徒の健康管理や健康に対する啓もう活動などを行います。またスクールカウンセラーや自治体と連携を取り、心のケアに取り組むことも業務の一つです。医療機関での看護の仕事とはまた異なる仕事ですので、やりがいを感じることでしょう。

養護教諭としての仕事をしたいという場合、転職エージェントに相談をすることも一案です。転職エージェントではメールや電話、面談等様々な形式で会員とのコミュニケーションを取っています。「養護教諭になるには」の解説や方法などを詳しく教えてくれます。また、免状の既得者である場合、養護教諭の求人が入った時は、いち早く紹介を行うというシステムも充実しています。養護教諭としての仕事の紹介が難しい場合でも、既得免状の内容や、これまでの仕事のキャリアに応じて様々な仕事の紹介を行うことができます。タイミングによっては、養護教諭以上の給与待遇で条件が良い看護師としての求人に巡り合える可能性があります。志が高い方にしか紹介できない案件も転職エージェントは抱えていますので、今まで以上に大きなチャンスをつかめる可能性も高まります。

養護教諭の看護師の求人探しならこの転職エージェントがオススメ!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国