看護師給料 手取り

看護師給料TOP < 手取り

看護師給料の手取り

看護師の手取り給料は30万円〜40万円程度だと言われていますが、これはもちろん勤務形態や医療機関によっても違います。一般的には看護師以外の職業でも、給料総額から厚生年金や健康保険・雇用保険・労災保険・住民税・所得税などが天引きされるわけですが、その点は看護師も同じく雇用される側なので、多い人では10万円以上引かれていることもあります。

また、看護師特有の保険としては、日本看護学校協議会共済会が運営する看護職賠償責任補償制度があります。この保険は医療業界における事故や損害に対応したもので、故意がなく患者さんへ損害を与えてしまった場合や、業務が原因で特定感染症などに感染し、入院・通院することになった場合の損害を補償するためのもので、年間3,000〜10,000円程度が必要とされます。全ての医療機関が加入しているわけではありませんが、給料から天引きされることになります。

公務員扱いとなる看護師の場合は、給料から共済年金と公務員共済組合保険が引かれることになります。これは国立や県立など公立の医療機関に勤務した場合に、一般的な厚生年金・健康保険の代わりに掛けられるもので、人によって違いますが毎月40,000円程度が引かれることになっています。

基本給にプラスされる手当としては住宅手当などがありますが、世帯主に支払う医療機関が多いので、自宅の名義が配偶者である場合には住宅手当を付けてもらえない場合もあります。住宅手当は5,000円〜20,000円程度で設定しているところが多く、住民票の世帯主を想定しているところもあれば、収入の金額で想定しているところもあって、医療機関によって世帯主の基準が違うので、看護系転職サイトで確認してもらうと良いでしょう。

看護師の給料は多いというのが世間の目ですが、医療機関によっては、ナースシューズや聴診器・手袋などを持ち出しで準備しなければならないところもあります。こうなるとどんなに手取りが多かったとしても、自分の給料で買わなければならないので、結構な支出になることは間違いありません。場合によっては、研修会への参加や本などの資料も自分で支払うことになると、高収入に含まれるかどうかは微妙なところです。

細かい出費と言えばそれまでですが、それがあるとないとでは使える手取りもまったく違います。他にも食堂があるところ。お弁当を持参するところ。診療科で一括して昼食を頼むところなど、医療機関によって食事スタイルもさまざまです。それによって給料の使い道も決まるので、総額だけではなく手取り額も問い合わせておくと良いかもしれません。

現在の手取りに不満があるなら、まずは転職エージェントに登録!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国