看護師の給料推移

看護師給料TOP < 給料推移

看護師の給料推移について

看護師の給与水準は一般的な職業よりも高めです。その理由は大きく分けて、看護師が専門職である事と、仕事が忙しいという二つがあります。まず、看護師は資格を持っていないと仕事ができないため、その分の資格手当というものがあり、一般的な職業よりも給与のベースが高くなっています。また、仕事は病院などで勤務し、患者さんの健康や病気のサポートをするというのが主な仕事ですが、患者さんは急に容態が悪化したりという緊急の対応も必要になったり夜勤もあるなど、仕事が忙しくなりやすいです。そのため、看護師の給料は普通の仕事より高くなりやすいのです。

このような事情のある看護師の給料ですが、平均的に見ると初任給から28〜30万円、年収では380万円ほどの給料があり、一般職では20万円前後なので、かなり高めの水準と言えます。ここからの給与推移は新卒から看護師の仕事をし始めたとして30歳くらいまでに400万円に達し、40歳では500万円、それ以降は550万円という推移になっています。

一般職は年齢が高くなってくると課長や部長などの役職に付く方も多くなってくるため、40歳からは一般職の方が平均年収は高くなりますが、それまではほぼ看護師が上回る給与水準になっており、給与の推移としては良い方と言えます。女性の場合は40歳までに一度結婚して仕事をお休みする方も多いため、女性が若い間にしっかり働くには適している職業と言えるでしょう。

また、給与の推移は職場によっても差が出てきます。一番スムーズに伸びていきやすいのは規模の大きな大学病院や総合病院です。こういった職場や給与体系もしっかりと整っており、理想的な伸びで給料が上がっていきます。それに対して比較的給料の推移が緩やかになりやすいのが小規模の病院や診療所、クリニックなどです。こういった職場は医師の裁量により規定が決まっているため、給料の伸びは大きくない所が多いです。けれど、こういった職場の場合は安定して落ち着いて働けるというメリットがあるため、人それぞれ希望する仕事のスタイルによって選ぶ職場は変わってきます。

転職を考えている方は転職サイトを利用すると、担当アドバイザーという方に相談ができるようになるので、給料アップを狙っている方は、条件面での交渉をお願いしてみると良いでしょう。看護業界は常に人手不足なので求人が多くあり、多少の条件を譲ってもうちに来て働いてほしいという職場もあります。また、アピールできるようにスキルやキャリアの棚卸しを行い、自分のアピールポイントを把握しておきましょう。

今の給料に不満なら看護師転職エージェントのコンサルタントに相談しよう!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国