看護師長の平均給料

看護師給料TOP < 看護師長

看護師長の給料相場

看護師長は看護師をマネジメントする役割を担っている役職です。人数が多い職場では、スタッフそれぞれが役割を分担して業務を進めるため、その仕事を管理する役割の人が必要になります。看護師長は経験を豊富に積んだ方から選ばれる事が多いです。また、看護師長になると当然ですが仕事の幅も広がり、本来の看護業務以外にも人材マネジメントやリーダーシップなどのスキルが必要になるため、新たに求められるものも大きくなりますし、それに伴って責任も大きなものになります。

ただし、その仕事量に合わせて給料も増えるので、仕事のやりがいもあり収入もアップするため、次のステップとして目指そうという方はチャレンジしてみるのもお勧めです。全国のデータでは現在の平均の給料は年齢によって異なりますが、月収ベースで20〜30代の方で見ると35〜40万、40代以上の方は40〜45万円ほどとなっています。職場の病院の規模などによっても変化するため、絶対にこの間で収まるという事はありませんが、目安としてイメージしておくと良いでしょう。

また、20代で看護師長になる方はあまりいないため、かなりの努力が必要とされます。まだ看護師の人数が少なく、これから増えていくという職場で先に仕事の経験を積んでいると可能性はあるかもしれません。看護師長になるには豊富な経験とスキルの充実が第一にやるべき事です。一通りの業務をスムーズに対応できるようになり、周りの人からも頼られるというレベルになると、周囲からの評価も高まり、認められてなる事ができます。ただ、職場の中には大学院の修士課程を卒業する必要があったり、一定の基準に達した後、指定の試験をパスしてなれたり、という職場もあります。これは職場ごとに異なるため、確認しておくと良いでしょう。大規模な病院ほどこういった規定を定めており、若い方ではまず難しく、やはり30後半〜40代くらいが目安と考えておきましょう。

ちなみに月収50万円以上、年収で600〜700万円以上を目指すのはかなり難しいかもしれません。病院での勤務では月収で50万円くらいに収まる所がほとんどのため、それ以上を狙っていくのであればそれまでに得た経験やスキルを武器に転職するのが良いでしょう。転職サイトなどでは能力ある方にはぜひ来てほしいという職場の求人が多く掲載されています。アドバイザーに転職に関する相談もできるので、収入について相談してみるのもお勧めです。

今の給料に不満があるのなら転職エージェントに相談しよう!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国