看護師は給料交渉できるのか? 

看護師給料TOP < 給料交渉

看護師は給料交渉できるのか? 

看護師と一口に言っても、それぞれが持つ専門資格や実務経験、実績などは大きく異なります。そのため、それぞれの能力に応じた給料が支払われて当然という考えを持つ人もいます。実際に、個々の能力や経験に合わせて給料を算出しようとする病院もあり、基本給の基準はあるものの、それぞれのスキルに合わせて給料の上下を持たせるという方式を採っています。こうした病院では、給料交渉をすることが可能で、面接の際などに、自分の希望を伝えて病院側と話し合うことができます。

その際には、しっかりと自分のスキルと実務経験をアピールして、少しでも高く自分を評価してもらえるようにすることが重要です。特に、専門的な分野での経験を持っているとか、専門資格を取得しているなどの目に見える評価対象があるのであれば、積極的にその部分を説明するようにしましょう。そして、少し高めに給料の希望を伝えることが肝心です。もし、その給料が病院側として飲めないということで、少し下げられることになっても、水準以上の給料をもらえることになります。上手に交渉をすることで、良い条件で働くことができるようになるのです。

また、希望する給料の額までいかなくても、その他の部分で交渉ができるケースもあります。夜勤や休日出勤のシフトを少なめにしてもらうとか、休日日数を増やしてもらうなどの交渉ができるでしょう。また、寮や社宅を持っているのであれば、その利用を優先的にできるように話し合うことも可能です。気後れすることなく、自分の希望をはっきりと伝えて、より良い待遇で働けるようにすることが重要です。

このように、給料などの雇用条件を交渉で決められる病院もありますが、全体で見ると少数派です。だいたいの場合は、看護師の給料は部署や経験年数、勤続年数などの一律の基準で定められるものです。特に、公立の病院の場合は、しっかりと決まった基準がありますので、交渉する余地はないでしょう。しかし、場合によっては、中途採用のケースで、今までの経験年数が考慮されて、基本給にプラスされることがあります。その部分については、一定の基準を病院側で持っているとはいえ、交渉の余地が出てくることがあるでしょう。病院側から、今までの経験年数を考慮したアップ額を提示された時に、もう少し上乗せできないかを尋ねてみると良いでしょう。病院にもよりますが、融通を利かせてくれることも多いので、行ってみる価値は十分にあるでしょう。

給料が高い科の看護師求人探しならこの転職エージェントサイトが便利!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国