国立病院機構で働く看護師の給料相場は!?

看護師給料TOP < 国立病院機構

国立病院機構で働く看護師の給料相場は!?

看護師の給料基準は、民間病院に勤めるか公立病院で働くかによってだいぶ異なります。公立病院の中でも、国立病院機構運営の病院の場合は、独自の基準が適用されますので、覚えておくと良いでしょう。国立病院の場合は、それぞれの病院が雇用条件を定めるのではなく、国立病院機構という団体が定める基準で雇用がなされます。基本的には国家公務員と同じような雇用条件となっていて、安定した雇用がメリットとなっています。

初任給や基本給は低いのが特徴で、平均的な看護師の給料相場は、各種手当を入れても月に30万円以下となっています。基本給だけだと、年収で400万円にいかないくらいとなってしまいます。これだけ聞くと国立病院機構の看護師はとても給料水準が低いような印象ですが、実際にはボーナスや昇給が充実しているため、それほど悪くない待遇となっています。ボーナスは、年によって異なりますが、大体月給の4倍ほどの支給基準となっていますので、100万円を超えることも珍しくありません。また、昇給は毎年確実になされ、その割合も民間病院に比べると高い基準となっています。

なにより、業績によってボーナスや昇給の基準が上下することがなく、安定して高水準の収入を得られるというのが、国立病院機構で働くことのメリットとなっています。民間病院は、基本給が高めであるという条件でも、その年の経営状態によっては、ボーナスや昇給がかなり低くなってしまったりすることもありますし、長く働いてもあまりボーナスが増えないという状況が生じることもあります。しかし、国立病院機構では、毎年確実に基本給もボーナスも上がっていきますので、勤務を続ければ続けるほど、良い雇用条件となっていきます。さらに、退職金の支給額が民間病院に比べるとかなり高いのがメリットです。勤続年数が長いと、数百万円単位での支給がなされることもあります。このように、勤め始めの頃の給料は低いという傾向がありますが、長く続ければ民間病院より高い給料をもらえることになり、トータルで受け取れる収入では、民間病院を上回ることも珍しくありません。

さらに、国立病院機構では、経験とスキルによって、昇進して役職に就くという制度が設けられています。管理的な立場に就くことで、一般の看護師よりも高い給料をもらえるようになります。こうした昇進を一つの目標に頑張るのも良いでしょう。政策医療を行う国立病院では、他の病院では得られない貴重な経験がたくさんできますので、やりがいを感じながら働けるので、就職先の選択肢の一つに加えるのもよいでしょう。

給料が高い科の看護師求人探しならこの転職エージェントサイトが便利!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国