看護師給料 学歴

看護師給料TOP < 給料と学歴

看護師給料と学歴

看護師は学歴が関係ないような気もしますが、医療機関によっては学歴によって給料差を設けているところもあります。看護師になるには看護師国家試験に合格する必要があるのですが、看護専門学校・看護系短大・看護系大学など、どこの教育機関を経由しても問題ありません。3年で看護師免許を取得することができる看護専門学校や短大を卒業するケースが多いですが、最近では4年生の看護系大学を卒業する人も増えてきました。

一般企業でも、専門学校卒・短大卒・大学卒という学歴で給料が決められているところが多く、看護師の初任給も同じような形で掲載されています。医療機関によって学歴による給料の水準は違いますが、一般的に専門卒・短大卒の場合は月収24万円程度。大卒の場合は月収26万円程度と言われています。他の営業職や販売職の場合は、新卒で月収22万円程度がスタート金額となるので、それに比べると看護師の給料は若干高いと考えられます。

スタート地点の差で「大卒の方が給料が高い。」と決めつけている人もいますが、転職する場合はその時点で新卒ではないので、どちらかというと学歴よりも実務経験が重要視されます。規模の大きな医療機関では給料査定に学歴を利用することもありますが、学歴が必須になる可能性は新卒のときのみなので、過去にどんな難易度の高い大学を卒業していたとしても、経験不足の場合は現場での採用を見送ることもあります。

そのため求人募集の給料額には、例として看護師3年目や5年目という経験年数で記載されていることがほとんどです。もちろん大学を卒業していればそれだけ給料に反映されるかもしれませんが、勤務環境や勤務条件などコンサルタントの交渉で希望額に近づけることはできるので、試しに看護系転職サイトを利用してみて下さい。

学歴は単にどこで勉強して看護師の資格を取得したのか。卒業した時点での能力を証明する肩書にしかすぎません。新卒の場合は看護師としての経験がないので、学歴を査定の対象にするしかありませんが、転職する場合は経験者なので、どこの診療科で経験を積んだのかということの方が注目されます。

経験年数だけで考えると、大卒は短大や専門卒よりも1年卒業期間が遅いわけですから、転職を希望する同じ年齢の看護師と比べると経験年数が少ないことになります。医療機関側がそれをどう判断するかによりますが、看護師不足の現状で学歴を問題視するという話はないので、お互いの条件とマッチングするかどうかポイントとなります。

転職して年収アップを目指すならこのエージェントを使おう!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国