看護師給料 大学病院

看護師給料TOP < 大学病院

大学病院の看護師給料

大学病院の看護師はどのくらいの給料だと思いますか?大学病院は、運営母体が自治体であっても民間であっても高収入なので、キャリアアップしたい看護師の転職先として人気があります。一般的な医療機関とは違い、次世代の看護師を育てる教育機関の要素も含まれているため、通常の業務の他に研究課題があったり、学会などに参加することもあります。

看護師長や看護部長などの役職に就くと、大学で教育する側の椅子に座っている人も多く、その年収は700万円以上を超えると言われています。また、役職に就いていない場合でも新卒で月収31万円から募集しているところもあり、その待遇は医療機関の中でも群を抜いています。認定看護師・専門看護師などの資格を取得している場合は、公開されている勤務条件よりも給料が高いので、看護系転職サイトに問い合わせてみて下さい。

それと言うのも大学病院の看護師募集は、求人誌や新聞広告に掲載されることがありません。国立大学の場合はハローワークに掲載される場合もありますが、そのほとんどは看護師を専門的に取り扱う転職サイトへ掲載されたり、その大学を卒業した看護師を採用するので、一般的には求人広告自体を目にする機会は少ないでしょう。求人広告を出すか出さないかはその大学のイメージに繋がるので、掲載したとしても大学のイメージを損ねるような媒体は利用していません。

大学病院の看護師が「お高く留まっている。」という印象を与えるのは、難しい治療や専門的な看護ケアに携わって、その対価として高い給料をもらっているからで、周囲の羨望がそういうイメージを作り上げているだけなのです。そのため実際に勤務してみると和やかな雰囲気を感じることができると思います。テレビドラマのように終始緊迫感が漂っているわけではなく、患者さんが殺到するわけでもないので、研究や勉強が苦にならない人にはベストな転職先です。

中途採用だと採用してもらえないイメージもありますが、非公開には看護師を募集しているところが多いです。1つだけ確認しておかなければならないことは、独立行政法人だった大学病院は、国立大学法人へと変更されているので、正確には国家公務員の身分ではありません。そのため給料から雇用保険が天引きされるようになりましたが、退職すれば一般的な仕事と同じように失業保険をもらうことができます。勤務条件も大学側で独自に決めることができるようになりましたが、ほとんどの大学病院は給料水準を落としていません。

大学病院の看護師求人探しなら以下の転職サイトがオススメ!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国