看護師給料 オーストラリア

看護師給料TOP < オーストラリア

オーストラリアの看護師給料

海外旅行先として人気の高いオーストラリアですが、実は看護師の留学先としても注目されています。日本の正看護師免許を持っていると、オーストラリアの看護学3年コースに編入が可能で、1年間でオーストラリアの看護師免許を取得することができるのです。また、アメリカと同じくらい看護師の給料は高く、勤務条件が良いと言われています。

では、オーストラリアの看護師の給料はどのくらいだと思いますか?留学していた学生でも、週2日の勤務で50,000円〜70,000円程度が相場だと言われているので、月収に換算すると1ヶ月に8日働いて20万円以上という計算になります。看護系大学を卒業してからの初任給は年収500万円程度。7年目で700万円程度となっています。これは勤務する州や医療機関によって違いますが、日本のようにボーナスや退職金は存在しません。

また、看護助手は看護師1年目の新人ナースと給料が同じだと言われていますが、看護協会が政府機関と交渉して賃金UPを約束させたり、簡単な処置なら医師の指示がなくても実施することができるようになっているので、日本では考えられないような待遇や勤務条件で働いています。タイやマレーシアから出稼ぎで働きに訪れている人も多く、さまざまな人種の看護師が勤務しています。

日本のようにシフト制で勤務するのではなく、日勤専門・夜勤専門で完全に勤務体制が分かれているところもあり、看護師不足が深刻なのはオーストラリアも同じです。看護師の勤務条件を良くするためにストライキを起こしたり、積極的に海外からの看護師を受け入れています。残念ながら日本は、看護師の待遇については海外と比べて遅れていると言わざるを得ません。

更に高いスキルと経験を持つ看護師は、看護師という身分で開業することができます。多くの看護師が専門職であることにプライドを持っていて、その地位が高いことから、日本からも多くの人がワーキングホリデイを利用して実体験を積みに行っています。看護系転職サイトは日本全国の医療機関に対応している場合がほとんどで、海外への留学は取り扱いがないように思われますが、海外留学の案内や対応しているところもあるので、興味のある人は問い合わせてみて下さい。

英会話の壁や文化の違いで戸惑うこともあるかもしれませんが、それでも多くの看護師がオーストラリアに留学しているのは、それだけ看護師の地位が高く認められた職業であるからだと思います。

現状に満足していないなら、エージェントを使って転職しよう!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国