看護師給料 アメリカ

看護師給料TOP < アメリカ

アメリカの看護師給料

日本の看護師=白衣の天使・高給取り・求人募集が多いというイメージを持ちますが、アメリカでの看護師の身分はどんな感じだと思いますか?アメリカは男女平等・年功序列の存在しないお国柄なので、看護師の身分は日本よりも専門職として扱われます。そのため医師と同じように地位も高く、収入も多いと言われています。

日本でも最近になって「看護師と医師は同じ医療従事者」というフレーズで言われるようになってきましたが、実際には看護師と医師の給料差が埋まることはなく、治療する医師は上という立場が確立してしまった状態です。これは昔からの影響で「男の方が偉い。」という考え方の基、医師のほとんどが男性であったことや、看護師の教育が医師よりも遅れていたことから、多くの人の間で固定化されたイメージとて、その溝が埋まることのなかった結果と言わざるを得ません。

最も現代では厚生労働省などの行政や、看護師を育てる教育機関・医療業界などの絡みもあるので、簡単に医師と同じ位置まで地位が上がることは難しいかもしれませんが、認定看護師や専門看護師などの資格を整備して、その身分を確立するような流れができたところです。

アメリカでの看護師の地位が医師と同じように高いのなら、どのくらいの給料をもらえるのか気になりませんか?アメリカでは規模の大きな医療機関に勤務すると、年収800万円以上が一般的とされています。また、日本よりも看護職が細分化されていて、日本の看護助手に位置するポジションの人が、掃除や消毒・カルテ管理などの事務から血圧測定まで実施するので、看護師は本来の医療行為のみを行います。

日本より先進的な考え方として、大学院の修士課程を終了して資格を取得すれば、医師の代わりに問診や検診を担うことができるようになっています。そのため年収が1,000万円を超える人も存在していて、博士課程を修了して臨床経験を積めば、更に高い年収で勤務することができます。

日本では考えられない看護師の待遇ですが、看護系大学を修了するために必要とされるスキルも高く、日本のように医療保険で治療を行わないので、患者さんが支払う医療費の高さが、看護師の給料へ反映されている形でしょう。自由診療なので全ての医療行為が自費となり、高い医療サービスが高い収入の理由となっています。ただ、看護師の地位が認められているのは紛れもない事実で、医師の指示がなくても鎮痛剤の投薬や手術後の抜糸などは、看護師が対応しています。

今の給料に不満があるのなら転職エージェントに相談しよう!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国